auto-roman

父は唐揚げ定食

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日はひたすら明日のオークション出品車両を
検索して終わりました。

明日も複数の会場で予約注文の車を狙います。

予約以外にも佐々木の足も狙います。

明日も楽しい一日なりそうです。

さて、今夜は娘と二人で夕食をしなければ
ならなかったので

父「何が食べたい?」
娘「カレーごはん・・・」
父「いいよー」(しめしめ)

と言うのは月曜日に
「うなぎがたべたーい」
と言う娘に
「水曜日お父さんと二人だからその時にね」

とうまくごまかした事を忘れているからです。

気が変わらない内に中原街道沿いのカレー屋さん
に到着し自転車から降ろそうとすると

娘「やっぱりうなぎがたべたい・・・」
父「いいよ、うなぎね」
(思い出してしまったのね・・・。)

約束だもんね。

反対側に横断し自転車から降ろすと
初めて行く店にも関わらず力強い足取り。

店に入ると呑みたくなるメニューが一杯!
でもグッと我慢してうな重と生中と唐揚げを注文。

それなりに時間がかかるので待ち切れない様子の娘。

我慢の限界ギリギリのところでうな重が目の前に。

「いただきます。」
「どうぞ」

期待通りの味なのか黙々と食べます。

「ここがすきなんだよねー」
と言って皮の部分を示してニッコリ。

そんなに喜んでくれたら連れて来た甲斐があります。

でもうなぎ8に対してご飯2の割合で食べるので
満足する頃にはほとんどご飯しか残っていません。

さて、唐揚げ定食でも食べようかな・・・。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木

posted at 22:52:00 on 01/20/10 by auto-roman - Category: Main

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL