auto-roman

09 April

気持ちはわかるけどさ

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日は午前中自宅で仕事をした後午後から店へ。

WEBサイトの業者さん二社との打ち合わせです。

一番目が新規の業者の営業。
二番目が創業当時からお世話になっている会社の
セキュリティ担当。

時間通りに来た営業マン。
見た目は普通の若者。

ところがあんなに何度も売り込んでいて
こちらも渋々会う事にしたのに名刺を切らしてしまったとか。

なんだかなー

一通り話を聞きましたが電話で聞いていたほど画期的な
商品でもなくどちらかと言うと過去の手法のシステムを
レンタルしたいと言うのが趣旨。

さ「で、いくらなの?」
営業マン「150万円です。」
さ「はあ?ランディングページ作るシステムはわかったけど
  実作業はこちらでするんでしょ?ないない。あり得ない。」
営業マン「マジですか?やらないんですか?
  いやー、全く信じられないなー。本気ですか?」
さ「という事でこの話は無しね。」
営業マン「本当ですか?こんな事ってあるんですね。」
さ「あたりまえだろ。」
営業マン「後でやりたくなったら電話して下さい。」

契約取りたい気持ちはわかるよ。
でもさ、その態度は無いだろう。
久しぶりに会ったな。このタイプの営業。

その後やって来た長い付き合いの会社の担当者にこの話をすると

「どこの会社ですか?ちょっと資料見てもいいですか?
あーここですか。チンピラみたいな営業する事で有名ですよ。
まだやってたんだ。これで150万円か・・・。凄いな。」

今回の件で新規の同様な会社の営業は全て断る事にしました。

いやー、それにしても感じ悪かったな。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:57:00 - auto-roman - - TrackBacks