auto-roman

08 September

さすがにこの状況はまずい

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

現在抱えているトラブル=レボーグちゃん。

今日はそのレヴォーグのミッション交換の為に
戸田の工場まで自走で移動。

前回エンジンをとめてから20時間程経過していますが
エラーメッセージは健在で加速不良も相変わらず。

こいつは本気でやばいかもな。

ただどこか一箇所にトラブルが発生すると
”エンジン制御システム”という一括りでのエラーメッセージの為
ミッションの異常を拾ってるかもしれないし
燃料又は点火系かも知れないし今回の様に
複数のエラーを抱えていると現在はどっちなのか
想像もつかずトラブル慣れしている佐々木でも結構不安。

でも出発してしばらくして気が付いたのは負荷をかけなければ
そこそこスムーズに加速するという事。

この症状はエアフロっぽいですよね。
なのでDレンジではなくマニュアルシフトでうまく
合わせて走らせると加速不良は起こりません。

よし、これで行こう!

この判断が正しかったのか不具合を抱えている事を
忘れてしまう位何事も無く環七を快調に走っていました。

ところが、信号で止まり信号が青になったので発進しようと
アクセルを踏んだのですがなんか反応が無い。

うん?

と思いメーターを見るとエンストしてます。

急いでPに入れプッシュボタンを押すとエンジンはかかるものの
再びDに入れてアクセルを踏むとまたエンストしてしまいます。

ハザードを点灯して後続車両に知らせるもクラクションの嵐。
まあそうなりますよね。

幸い右側2車線が右折レーンだったのでなんとかクリープで
最も右に移動させて渋滞は回避。

「さて、どうするか・・・。」

反対車線を見ると歩道の切れ目の奥にマンションの駐車場。
あそこに移動できればとりあえずはOK。

早速試みますがエンスト。
最悪の場合反対車線を塞いで今より更に状況が悪化します。

「ここで救援を待つか?」

しかしJAFは最速でも60分との事。
さすがにそれはまずいしここで積載車に載せる作業も
皆様に大迷惑。警察も来ちゃうかも知れないしね。

とりあえず冷静になろうとエンジンを止め車内で3分程放置。
その間にエンジンも多少冷えればもう少し動くかも。

その間に対向車線の車両の流れが途切れるタイミングが
分かったのでそれに合わせてエンジンON!
Dレンジに入れてクリープだけで走らせマンションの駐車場へ。

「よし!これでOK!」

後は最も早く来てくれるレッカーを手配して待つだけ。
すると30分程で到着。

いやいや今回はさすがに焦りました。

でもこんな経験あれだけ売れているレヴォーグなんだから
佐々木だけではない様な気がするのですがどなたか
同じ経験されてないでしょうか。

正直この程度の距離でこれだけトラブルが頻発すると
最近の過走行輸入車より手がかかります。

でもこれが納車後でなくてよかったです。
考えただけでもゾッとします。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:13:00 - auto-roman - - TrackBacks