auto-roman

12 September

練習二日目

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

昨日は練習後妻とお昼を食べに昨年もお邪魔した
イタリアン&ジェラートのお店へ行きました。

前回来た時「もっと食べたい!」と思った記憶から
今回は二人とも大盛りをオーダーして大満足。

戻って海に入って夜はカート場のスタッフに教えて頂いた
居酒屋で地元の料理を楽しみました。

さて、今日は練習二日目。
朝から完全なドライ路面。

今日中に目標をクリアしたいところ。
明日は天気がどうなるかわからないので。

昨日の復習を兼ねてコースイン。
20分程走った所でピットイン。

30秒は切れているものの28秒前半には届かない状態。

タイトコーナーでのターンインがカートのそれではなく
ブレーキが早すぎて逆にアクセルオンが早すぎるとの事。

突っ込みすぎだろ!と思う位までブレーキを我慢しブレーキング
したと思ったらほぼ同時にステアリングを切れとの事。

でもこれが中々できないのです。
ブレーキングドリフト気味になるか
スムーズにターンインできている様に見えても
その後アクセルONでスライドさせて曲げようとしているので
エンジン回転が落ちてタイムロスになってしまっているとのこと。

自分的にはアンダーも出さずにベストだと思って走って
いるんですけどね。

煮詰まってしまった佐々木を見兼ねてインストラクターによる
引っ張りが開始。

明らかにブレーキングポイントが奥でそれなのに
クイッと向きが変わり連続ヘアピン後には一気に差が
開いてしまいます。

ダメだ・・・。

そこに現役女子全日本カート選手が登場。

「まだまだインが空いてます。」

ターンインがうまくできないのであればそれ以外で
簡単にタイムアップできる事を指示してくれました。

今日残された時間はあと5分。

急いでコースインしてアタック。
言われた事を守りとにかく最短を走る事を心掛けると
明らかに景色の流れが変わりました。

「これはいけるかも・・・。」

あっという間に5分は過ぎもう少し走らせたいと思いましたが
ピットイン。

さ「何秒ですが?」
ちょっと待って下さいね。

イ「28秒4です。」

とりあえずなんとなく目標タイムはクリア。
素直にうれしい。

そこで気になったのが現役全日本選手は同じカートで
一体何秒で走るのかという事。

練習後の反省会でそんな話をしてたら

「何秒だろう?」

と言い残しカートに乗り込みアタック。(実際には9割程度)

そして出されたタイムは・・・。

佐々木の名誉のために伏せさせて下さい。
次元が違い過ぎました。

このタイムには男性インストラクターも

「彼女には勝てないですよ。」

とポツリ。

明日のターゲットをどこに置けばよいのか複雑な気持ちで
カート場を後にした佐々木でした。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:58:00 - auto-roman - - TrackBacks

11 September

練習初日

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日は予定通り朝食後海に入る予定でしたが物凄い雨で中止。
この状況で走れるのか不安でしたがとりあえずカート場へ。

多少の雨でもOKだけど途中あまりにも酷くなったら考える事に。

スタッフ「ところで三日間予約が入っていますが
                 何かの練習ですか?」
さ「はい、ダートトライアルをしているのですが
          カートは初心者なので・・・。」
ス「こそ練ですね?」
さ「そうです。よろしくお願い致します。」

目的を告げるとスタッフの皆さんも快く協力してくれて
ある程度路面が乾いたところで”引っ張り”をしてくれました。

最終的には28秒を切る事が目標ですが初日は30秒が一杯でした。
事前にカート乗りの元上司にレクチャーを受けていましたが
僅かなスライド&カウンターが命取り。

あと二日でどこまで行けるか本気で勝負です。

尚今回の講師は現役全日本カート乗りの女子大生と
元ドリフト選手と言う贅沢なメンバーです。

感謝!

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:30:00 - auto-roman - - TrackBacks

10 September

遅い夏休み

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日から遅い夏休みで沖縄に来ています。
お昼頃那覇に到着して先ずお土産を買い自宅に発送。

その後妻の趣味の器屋さんへ。
一昨年から来ていますがいつもお休みだったので
今回は何とかお願いしてOPENして頂きました。

念願の器を購入出来て妻も喜んでいました。
その後近くのピザ屋さんに行き遅いお昼。

旅行期間中のお昼のチョイスは妻に任せていますが
初日のチョイスはばっちりでした。

夕方昨年と同じホテルに到着して海に入りこれから晩御飯です。

明日以降の予定は

起床→朝食→海→カート場→お昼→海→夕食→就寝

昨年来た時にホテルのすぐ近くにカート場を発見。
平日は一時間走りっぱなしができるとの事で三日間
予約を入れました。

私が走っている間妻はのびのび出来て良いでしょう。
それでは夕食に行ってきます。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
19:21:00 - auto-roman - - TrackBacks

08 September

さすがにこの状況はまずい

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

現在抱えているトラブル=レボーグちゃん。

今日はそのレヴォーグのミッション交換の為に
戸田の工場まで自走で移動。

前回エンジンをとめてから20時間程経過していますが
エラーメッセージは健在で加速不良も相変わらず。

こいつは本気でやばいかもな。

ただどこか一箇所にトラブルが発生すると
”エンジン制御システム”という一括りでのエラーメッセージの為
ミッションの異常を拾ってるかもしれないし
燃料又は点火系かも知れないし今回の様に
複数のエラーを抱えていると現在はどっちなのか
想像もつかずトラブル慣れしている佐々木でも結構不安。

でも出発してしばらくして気が付いたのは負荷をかけなければ
そこそこスムーズに加速するという事。

この症状はエアフロっぽいですよね。
なのでDレンジではなくマニュアルシフトでうまく
合わせて走らせると加速不良は起こりません。

よし、これで行こう!

この判断が正しかったのか不具合を抱えている事を
忘れてしまう位何事も無く環七を快調に走っていました。

ところが、信号で止まり信号が青になったので発進しようと
アクセルを踏んだのですがなんか反応が無い。

うん?

と思いメーターを見るとエンストしてます。

急いでPに入れプッシュボタンを押すとエンジンはかかるものの
再びDに入れてアクセルを踏むとまたエンストしてしまいます。

ハザードを点灯して後続車両に知らせるもクラクションの嵐。
まあそうなりますよね。

幸い右側2車線が右折レーンだったのでなんとかクリープで
最も右に移動させて渋滞は回避。

「さて、どうするか・・・。」

反対車線を見ると歩道の切れ目の奥にマンションの駐車場。
あそこに移動できればとりあえずはOK。

早速試みますがエンスト。
最悪の場合反対車線を塞いで今より更に状況が悪化します。

「ここで救援を待つか?」

しかしJAFは最速でも60分との事。
さすがにそれはまずいしここで積載車に載せる作業も
皆様に大迷惑。警察も来ちゃうかも知れないしね。

とりあえず冷静になろうとエンジンを止め車内で3分程放置。
その間にエンジンも多少冷えればもう少し動くかも。

その間に対向車線の車両の流れが途切れるタイミングが
分かったのでそれに合わせてエンジンON!
Dレンジに入れてクリープだけで走らせマンションの駐車場へ。

「よし!これでOK!」

後は最も早く来てくれるレッカーを手配して待つだけ。
すると30分程で到着。

いやいや今回はさすがに焦りました。

でもこんな経験あれだけ売れているレヴォーグなんだから
佐々木だけではない様な気がするのですがどなたか
同じ経験されてないでしょうか。

正直この程度の距離でこれだけトラブルが頻発すると
最近の過走行輸入車より手がかかります。

でもこれが納車後でなくてよかったです。
考えただけでもゾッとします。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:13:00 - auto-roman - - TrackBacks

05 September

中々かっこいいじゃん

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

昨日横浜のオークションで予約注文のフリーランダー2を
落札しました。

今日それを迎えに行ったのですがなんかパワステがおかしい。
走らせないとわからない部分があるので落札後の
クレームチェックは重要。

早速クレーム申請させて頂きました。

ランドローバーと言えばレンジローバーと考える佐々木。
レンジと言えばHSEなのでフリーランダーでもHSEと考えます。

でもこいつにはHSTと言う特別仕様が有ったらしくお客様の
Y様に言われて知りました。

そのHST。
主に見た目が違うのですがフロントまわりの迫力が有って
なんかかっこいいんですよ。

昨日落札したのもHST。

会場から出して一台ぽつんと置くと中々いい感じ。

流通台数が少ないので強くはおすすめできませんが
お手頃な価格で人と違う且つカッコいいSUVをお探しの方に
ちょっと気にして頂きたい一台です。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:58:00 - auto-roman - - TrackBacks