auto-roman

訳あり車両の中にも

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日はオークション開始一時間前の8時半に会場に着いて
現車確認を開始。

かなり念入りに見ないとどういう車かわからない
訳あり車両を狙っていたので余裕を持って行きました。

佇まいを見れば大体良し悪しがわかりますが
今日の連中は全て佇まいが悪く怪しい。

エンジンルームを見た瞬間立派な事故車。
キャンバーも狂っているのが見た目でわかります。

同業者からのオーダーなのでお客様の求めるレベルが
わからず判断ができないので同業者に連絡。

すると細かな事は気にしないので落札して欲しいとの事。
もちろん車なりの価格であればの話。

ならば応札しましょう。

席に着くと隣にこの類の車に詳しいS氏が。

「あー、それ30万円超えますよ。」

さ「バリバリの事故車なのに?」

S氏の言う通り30万円を余裕で超えました。
人気車種でまともな車だったら60万円位はするので
半額と言えば聞こえは良いのですが怖いです。

その他の訳あり車両達もそこそこの価格で落札されていました。
リスクの有る訳あり車両ですがきちんと見る事が出来れば
掘り出し物に出会える可能性もあるのでちょっと楽しいかも。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木

posted at 23:29:00 on 02/06/18 by auto-roman - Category: Main

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL