auto-roman

仕事中すみません

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日A様の335iが届きました。

良く見れば335

店の周りを少し乗っただけですが下からグッと来る
トルクの太さにちょっとびっくり。

ただ市街地で予想以上に切れ込む動きに違和感を感じ
お恥ずかしいのですが左折時に擦りそうになりました。

低速でいつもの蛇角で転蛇を繰り返すと
まるで4WSの様な動きをします。

後で調べたらアクティブ・ステアリングが付いているとの事。

なれるまで要注意です。

なんて色々思いながら走るもとにかくトルクフルな
まるでスーパーチャージャの様な感覚に驚きを隠せません。

忙しいだろうなと思いながらもA様に電話をして
フィーリングを伝えると

「納車まで時間があるので2号とか川村さんに
 行くときとか気にせず走り回って来て下さい。」

と言われても高額な車だしね・・・

でもどうしても高速域も試したくなり
お言葉に甘えて午後第三京浜へ。

玉川から乗り合流手前でマニュアルモードにして
2速でタイミングを伺います。

前が空き中央車線に向かって全開!!

BMWとは思えない”クゥオーン”と言う快音と共に
一気に吹け上がり3速に上げて後方確認しながら右車線へ。

唯一試せるS字に少し乱暴気味に入るもとにかく安定
と言うかこの程度ではどうにもならないよーな感じ。

その後は直線番長を堪能。

直線番長に関してはグレード名が示すとおり3.5リッター
NA+α相当ですがピークに到達するまでの速さは
さすが加給機付きです。

都筑で降りて料金所でUターンして東京方面へ。

合流手前の緩い右コーナーで意図的に踏み込みやっと
DSCの作動を示すワーニングが点灯。

急に絞られる違和感も無く穏やかに介入して
行きたい方向に切って踏み込んでさえいれば大丈夫。

コーナーを抜けて本線に向けて一気に駆け下りて
合流するも混んで来たのでここで終了。

いやー予約注文の車に乗ってこんなに楽しかったのは
XJR以来かもしれません。

何の目的でBMWが335を作ったのかはわかりませんが
”BMW(≒輸入車)=速い”が昨今の国産車の
パフォーマンスの前では成立しない現実の中で
”かかって来い”的な意味で存在しているのだと
勝手に考えるようにしました。

この車前オーナーの趣味で”335”バッジが外され
ビニール袋に入って車内にありました。

何台ものインプとかエボのドライバーが
「嘘だろ?なんで?」と思いながら必死で
喰らいついて行ったであろう事が容易に
想像ができます。

オーナーのA様は元ラリードライバー。
きっとやらかしてくれるでしょう。

期待しています。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木

posted at 21:27:32 on 01/25/10 by auto-roman - Category: Main

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL