auto-roman

気付いたあの時に

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日は二時頃まで野田のオークションに参加した後
戸田公園の工場にミッション交換の終わったレヴォーグを
迎えに行きました。

今日の工場もアジパシを走るラリー車がリフトアップ
されていたりその隣で保冷車が整備されていたりと
中々面白い光景でした。

S社長から作業内容を報告され結構大変だった事が判明。
先ず物凄くミッションがデカくて重かったとの事。

確かに2トントラックのミッションの様でした。

それとミッションオイルを規定量にセットする作業が
シビアだったとの事。

今回の作業には十分な経験と技術と新しいテスターが
必要だったことがわかりました。

それにしても偶然安く状態の良いミッションが
手に入ったからよかったもののこれが当たり前に20万円とか
だったらかなり痛かったですね。

中古のエアフロも手に入って無事交換できたのでラッキーでした。

さて、そのレヴォーグ走らせた感じはどうなのか?
結論から言うと全くの別物です。

「本当はこんなに速かったんだ!」

加速のダイレクト感も増して凄ーく良い車に生まれ変わりました。
自信をもっておすすめできます。

今回修理が終わってわかった事があります。
実は今回のミッショントラブル簡単に見破る方法が
有った様なのです。
*すべてのレヴォーグに言えるかわかりませんので参考までに。

この車を仕入れた時にネットで色々調べたらS#モードにすると
CVTが段付きの8段制御になるという事を知りました。

で、この段付きをS#モードでも無段変速にする裏技があるとか。

「そんな裏技必要か?」

そう感じた時に異常に気付くべきだったのです。
何故ならS#モードにしても無段変速だったからです。

なおったレヴォーグのメーターパネルに違和感を感じて
このことに気づいたのですが正常ならS#にした時に
今何速なのか数字で表示されるんですね。

これ初めてみました。

オークションから仕入れ後すぐ気が付いていれば
ミッション不良でクレーム申請できたんですけどね。

まあでもいい勉強になりました。

今後は過走行のレヴォーグの仕入れには細心の注意が必要です。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木

posted at 23:31:00 on 09/27/18 by auto-roman - Category: Main

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL