auto-roman

turboであるということ

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日は早起きして野田のオークション会場へ。
早朝なのに今日の常磐道も走行車線が一番流れていました。

どうにかならないものでしょうかね。

出品車両を搬入後カギを受取り逸る気持ちを抑えて奴の所へ。

うーん、いい感じ。

外装の傷チェックを済ませてから乗り込みエンジン始動。

「あー、やっぱり只者ではないな。」

暖機中にカバンの荷物を整理しながら目的地を設定。
気持ちを落ち着かせDレンジに入れて発進。

シャキッとしています。むしろ硬いか?
初めて乗る訳ではないけど凄く良い車です。

高速の料金所を抜けてガツンと踏み込むと
大きく息を吸い込んで一気に吐き出す様な爆発的な加速。

この感じは991のターボSよりもいい意味で荒々しいです。
991の方がより洗練され完成度が上がっているのでそう
感じるのだと考えられます。

今日はおとなしく左車線を走ろうと首都高2号に入るまでは
思っていたのですが入ったら結局・・・。

世界屈指の限界性能を有しているturbo様なのでこんな所では
限界なんか訪れないとわかっていてもやはり踏めない。

メーターが正しければ大した車速ではなくむしろ普通の
そこそこ速い車の方が車速は出ています。

後ろにエンジンがあるんだと言う先入観がそうさせ
いつまでたっても克服できずにいます。

納車後お客様の許可を頂けたら半日お借りして
近場のサーキットで色々試させて欲しいと切に願います。

首都高を降り信号で止まる度ガラスに映る姿にうっとり。
保管場所に格納し振り返って眺めてにんまり。

走らせていても、眺めていても、余韻に浸っていても
気持ちが昂る車なんてそうはありません。

このスペックが不要な事はわかっていますが
”911turboを買う”と言う行為自体に大きな意味が
あると信じています。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木

posted at 23:35:00 on 10/21/18 by auto-roman - Category: Main

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet

トラックバック

TrackBack URL