auto-roman

27 September

気付いたあの時に

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日は二時頃まで野田のオークションに参加した後
戸田公園の工場にミッション交換の終わったレヴォーグを
迎えに行きました。

今日の工場もアジパシを走るラリー車がリフトアップ
されていたりその隣で保冷車が整備されていたりと
中々面白い光景でした。

S社長から作業内容を報告され結構大変だった事が判明。
先ず物凄くミッションがデカくて重かったとの事。

確かに2トントラックのミッションの様でした。

それとミッションオイルを規定量にセットする作業が
シビアだったとの事。

今回の作業には十分な経験と技術と新しいテスターが
必要だったことがわかりました。

それにしても偶然安く状態の良いミッションが
手に入ったからよかったもののこれが当たり前に20万円とか
だったらかなり痛かったですね。

中古のエアフロも手に入って無事交換できたのでラッキーでした。

さて、そのレヴォーグ走らせた感じはどうなのか?
結論から言うと全くの別物です。

「本当はこんなに速かったんだ!」

加速のダイレクト感も増して凄ーく良い車に生まれ変わりました。
自信をもっておすすめできます。

今回修理が終わってわかった事があります。
実は今回のミッショントラブル簡単に見破る方法が
有った様なのです。
*すべてのレヴォーグに言えるかわかりませんので参考までに。

この車を仕入れた時にネットで色々調べたらS#モードにすると
CVTが段付きの8段制御になるという事を知りました。

で、この段付きをS#モードでも無段変速にする裏技があるとか。

「そんな裏技必要か?」

そう感じた時に異常に気付くべきだったのです。
何故ならS#モードにしても無段変速だったからです。

なおったレヴォーグのメーターパネルに違和感を感じて
このことに気づいたのですが正常ならS#にした時に
今何速なのか数字で表示されるんですね。

これ初めてみました。

オークションから仕入れ後すぐ気が付いていれば
ミッション不良でクレーム申請できたんですけどね。

まあでもいい勉強になりました。

今後は過走行のレヴォーグの仕入れには細心の注意が必要です。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:31:00 - auto-roman - - TrackBacks

16 September

久しぶりに会えました。

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

今日は午後娘と一緒に庭園美術館へ。
ここでおばあちゃん(母)とおばちゃん(妹)と合流。

娘の練習が忙しくて中々会えなかったのですが
今回は一日休みをもらって姉の家に一泊です。

母達は会うのが久しぶりですが父親の私も一緒に夕食を
食べるのは久しぶり。

姉の家に来たら必ず食べる近所のとんかつを大量に買い
更にKFCも買って宴がスタート。

日頃食にかなり気をつかっている娘ですが今日は自ら手を伸ばし
気持ちよく食べていました。

今夜はこれからまだまだ宴が続きそうです。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
18:33:00 - auto-roman - - TrackBacks

14 September

沖縄旅行の時は是非

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

夕方沖縄から戻って来ました。
今回は物凄く充実した旅行でした。

私が練習している間妻も自由行動できたみたいだし。

今回お世話になったククル読谷サーキットでは手ぶらで行って
大丈夫ですがそれなりに走るのでした多少荷物になりますが
ヘルメットとフェイスマスクの持参をおすすめします。

関東近県で走るより明らかに安いでので”こそ練”したい
モータースポーツ経験者なら走らないのはもったいないです。

佐々木は3日間で3時間走り約300周させて頂きました。

私の気持ちの中ではこっちで”こそ練”してまた行こうと
考えています。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:58:00 - auto-roman - - TrackBacks

13 September

練習最終日

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

昨日は練習後”元祖チーズインハンバーグ”を食べに行きました。
見た目はかなりの迫力ですが食べてみたら意外とあっさり。

「うまい!」

今日の妻のランチチョイスもniceでした。
いやー、おいしかったな。

さて、練習最終日の目標は27秒台。

起床後先ずイメージトレーニングをして朝食。
お昼の事を考えて軽めに済ませ部屋に戻り海に行こうと
ベランダに干してあった水着を取りに出ると・・・大雨。

海に入れない事はともかくこれでタイムアップの望みは
絶たれました。

それでも沖縄の陽気で路面が乾く可能性もあるので
とりあえずコースへ。

さ「最終日もよろしくお願いします。」
イ「完璧に乾かないかもしれませんがもう少しすれば
  かなり良くなりますよ。」

という事で開始時刻を遅らせ路面が乾くのを待ちます。
待つと言っても妻とのランチの約束があるので限界があります。

10時開始予定でしたが30分遅らせてコースイン。
2周程タイヤを温め練習開始。

「あれっ?昨日より疲れないな・・・。」

そう、雨で路面に砂利が流れ込み路面ミューが低下して
体にかかるGも低下しているのです。

その後何ラップしても昨日のタイムを更新できず
ここで見兼ねたインストラクターの引っ張り車が登場。

後をついて同じラインをトレースし走るもやはり
二つあるヘアピンの進入でラインを外し立ち上がりでは
かなりの差になってしまいます。

前後入替えて今度は佐々木が前。
インストラクターは一体どこにいるのかわからないくらい
完璧に佐々木の後ろに張り付いて気配を感じさせず欠点を
見ています。

数周してピットイン。

高速セクションでの差は無し。
但しヘアピンへのアプローチでは追突してしまう位
ブレーキが早いとの事。

イ「サスペンションが縮むのを待つような動作は
                必要無いんですよ。」

これは昨日も言われた事。

もう一度コースインして改善しようとするも無理。お手上げ。

そして練習時間終了。
結局昨日のタイムがベストで三日間の練習を終えました。

練習後の反省会でもう少しカートの乗り方を理解してくれれば
簡単に1秒は縮める事が出来ると言われました。

そして話がカートの構造に移った時その意味がなんとなく
わかったような気がしました。

うーん、もっと走りたい。

東京に戻ったら知り合いのカート乗りに相談してみよう。

今回お世話になりましたククル読谷サーキットのみなさん
本当にありがとうございました。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
22:59:00 - auto-roman - - TrackBacks

12 September

練習二日目

みなさんこんばんは、オートロマン佐々木です。

昨日は練習後妻とお昼を食べに昨年もお邪魔した
イタリアン&ジェラートのお店へ行きました。

前回来た時「もっと食べたい!」と思った記憶から
今回は二人とも大盛りをオーダーして大満足。

戻って海に入って夜はカート場のスタッフに教えて頂いた
居酒屋で地元の料理を楽しみました。

さて、今日は練習二日目。
朝から完全なドライ路面。

今日中に目標をクリアしたいところ。
明日は天気がどうなるかわからないので。

昨日の復習を兼ねてコースイン。
20分程走った所でピットイン。

30秒は切れているものの28秒前半には届かない状態。

タイトコーナーでのターンインがカートのそれではなく
ブレーキが早すぎて逆にアクセルオンが早すぎるとの事。

突っ込みすぎだろ!と思う位までブレーキを我慢しブレーキング
したと思ったらほぼ同時にステアリングを切れとの事。

でもこれが中々できないのです。
ブレーキングドリフト気味になるか
スムーズにターンインできている様に見えても
その後アクセルONでスライドさせて曲げようとしているので
エンジン回転が落ちてタイムロスになってしまっているとのこと。

自分的にはアンダーも出さずにベストだと思って走って
いるんですけどね。

煮詰まってしまった佐々木を見兼ねてインストラクターによる
引っ張りが開始。

明らかにブレーキングポイントが奥でそれなのに
クイッと向きが変わり連続ヘアピン後には一気に差が
開いてしまいます。

ダメだ・・・。

そこに現役女子全日本カート選手が登場。

「まだまだインが空いてます。」

ターンインがうまくできないのであればそれ以外で
簡単にタイムアップできる事を指示してくれました。

今日残された時間はあと5分。

急いでコースインしてアタック。
言われた事を守りとにかく最短を走る事を心掛けると
明らかに景色の流れが変わりました。

「これはいけるかも・・・。」

あっという間に5分は過ぎもう少し走らせたいと思いましたが
ピットイン。

さ「何秒ですが?」
ちょっと待って下さいね。

イ「28秒4です。」

とりあえずなんとなく目標タイムはクリア。
素直にうれしい。

そこで気になったのが現役全日本選手は同じカートで
一体何秒で走るのかという事。

練習後の反省会でそんな話をしてたら

「何秒だろう?」

と言い残しカートに乗り込みアタック。(実際には9割程度)

そして出されたタイムは・・・。

佐々木の名誉のために伏せさせて下さい。
次元が違い過ぎました。

このタイムには男性インストラクターも

「彼女には勝てないですよ。」

とポツリ。

明日のターゲットをどこに置けばよいのか複雑な気持ちで
カート場を後にした佐々木でした。

今夜はこの辺で

それではまた明日!

オートロマン 佐々木
23:58:00 - auto-roman - - TrackBacks